FC2ブログ

記事一覧

ファクタリングを検討する時も早めに動くことが重要です

ファクタリング会社の宣伝を見ていると、各社スピードを前面に出していますが本当にそこが重要な部分なのか疑問に思うことが多々あります。
経営者にとって重要なのは、計画的に動き早めに対策をとることだと思います。
資金繰り表をしっかり作成し、取引先からの入金状況、支払状況をきちんと把握していれば遅くとも1週間前には資金繰りが大丈夫なのか、そうでないのかはわかる筈です。
ファクタリングを利用する時でも重要なのは早めに動き、少しでも手数料を低く抑え、調達コストを下げれるように努力すべきです。
300万のファクタリングを行わなければならない時、早めに動いて手数料10%の会社で契約するか、ギリギリになって動いて手数料が20%の会社と契約してしまうかでは、30万の差が出ることになります。
手元に入ってくる金額も270万から240万に下がってしまうわけですから、かなり大きいことだと思います。
筆者はいままで多くの中小企業の決算書を見てきましたが、中小企業の利益率から考えファクタリングの手数料が10%違ったら相当な事だと思います。
当ブログで何回も説明をしていますが、ファクタリングは早めに動き複数の会社に相見積を取り、御社にとって一番条件の良い会社と契約をするようにしましょう。

「資金繰り表の作成の仕方について」

譲渡登記の費用でファクタリング会社の良し悪しが判断できる

ファクタリングについて本音でツイートしている、資金調達の達人
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント